リンマトラベル

旅を最大限楽しむための旅ブログ

LCCでお得にアジア周遊@台北-ダナン-シンガポール

こんにちは、リンマです。

8月上旬にシンガポールに行く用事ができまして、、

夏休みといえば旅行ハイシーズン!航空券代は軒並み高騰(泣)

とはいえ、なんとか安くお得に行きたい(笑)!!っというわけで、

f:id:tabi-rinma:20180629185723j:plain

今回はLCCを駆使して、シンガポール単純往復ではなく、アジアの都市を周遊旅行しながらシンガポールへ向かうお得なルートとLCC予約のコツについてお伝えします。

航空券の値段と経由地〜台北経由がお得!!

夏休みにシンガポールを最安値で単純往復すると航空券は購入の時期にもよりますが平均5万前後(お盆はもっと高額)になることが多いです。

であれば、予算5万で行ったことのない都市を経由しよう!!

地図を見ると、一番効率が良さそうなルートは日本→台湾→ベトナムシンガポール、ほぼ一直線で結ばれます。台北へはバニラやピーチなどLCCが数多く飛んでいますし、台北からベトナム各地へジェットスターはじめ、ベトジェットなどのLCCが就航しています。ベトナム各地→シンガポールもスクートなど多くの便が飛んでいます。

f:id:tabi-rinma:20171109134138p:plain

いずれの航空券代も早めに購入すれば1万円前後とお得な設定になっており、日本からベトナムに直接向かうよりもLCC台北を経由したほうが航空券代は安くすみます。

以前はバニラが台北経由のホーチミン線を運行していたのですが、今年3月で廃線、残念です。

台北に寄って小籠包を食べてからベトナムへ!!

tabi-rinma.hatenablog.com

ベトナムでフォーを食べてからシンガポールへ!!なんかお得じゃないですか?

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

 

ベトナム世界遺産をめぐるならダナンから

近年ベトナムも近代化が進みホーチミンハノイは大都会、昔ながらの面影を残す地域も少なくなったとか、、ベトナム渡航歴15回の近所のおばあちゃん談によると、昔ながらのベトナムが残る世界遺産といえばホイアンの街並、夜になるといろいろな色の提灯に火が灯り、幻想的な街並になるそうな、ほぉ〜行ってみたい!!

f:id:tabi-rinma:20180629190055j:plain

また、アンコールワットと同時代のミーソン遺跡や王宮の遺跡があるフエなど中部には遺跡の見所が多いとか、これらの世界遺産の玄関口となるのがダナン国際空港

台北からのLCC直行便はジェットスターが就航していて2時間35分で結んでいます。あっという間ですね!

そんなわけで、ベトナムの経由地はダナンに決定。

リンマが5月12日に購入した7月29日のジェットスター台北〜ダナンの航空券代は3100TWD税別(今日のレートで3.6x3100=11160円)でした。

ダナンからシンガポールへはやはりジェットスターが就航しており2時間50分、こちらも近いですね。

同じく5月12日に8月2日のジェットスターダナン〜シンガポールの航空券代は928300VND税別(今日のレートで0.048x928300=4456円)です。

さて、ここでこの航空券をお得に購入するコツがあります。それは、同じジェットスターなので2フライトまとめて予約しそうになりますが、

1フライトづつ別々に予約すること!

フライトの予約が別々ならばダナン行きは台湾ドルでの計算、シンガポール行きはベトナムドンでの計算になります。日本円に換算すると為替の影響でベトナムドンの方が安く航空券が手に入るのです。今回は税や手数料を入れると1500円ほどお得になりました。

また、1人1人別々に予約すると万が一変更やキャンセルする時にWEB上で手続きすることができます。複数の予約の中の1フライトをキャンセルするにはコールセンターのみ対応のLCCもあり手数料が割高です。

ただし、日本を出発する時には天候不良などで欠航や遅延があると、往復で購入していないLCC航空券の復路は取り消しや変更はしてもらえない事が多いです。日程に余裕がない時は同じ航空会社で揃えた方が安心です。

シンガポールからの復路の便は、帰りも台北に寄るか、ダイレクトに日本に帰るかで変わってきますが、台北行きはジェットスターが最安値、成田行きはスクート(バンコク経由)が最安値でした。

5月12日に8月5日のジェットスターシンガポール台北88SGD税別(81x88=7128円)

同じく8月5日のスクートシンガポール〜成田292SGD税別

(81x88=23652円)

台北往復なら断然ピーチ!!ふるさと納税で実質無料!!

f:id:tabi-rinma:20180629190646p:plain

昨年からリンマは泉佐野市にふるさと納税をしています。

返礼品はピーチポイント!!

5万円の納税で半額の25000円分のピーチポイントが付与されます。納税額は1万円からで全て半額分のピーチポイント付きです。

リンマの乗る羽田ー台北往復はシーズンや予約の時期にもよりますが、諸税込で25000円前後になることが多く5万の納税でちょうど1往復分になります。

台北行きが本決まりになったら、ふるさと納税サイト(Gポイントというポイントサイト経由がオススメ)から申込をすると1週間程度で付与されます。有効期限が6ヶ月間なので行く事が確実になってから申し込んだ方が良いです。

5月12日に購入した航空券は7月28日羽田ー台北9680円、8月7日台北ー羽田8480円、諸税等込みで23120円です。あまったポイントは受託手荷物料金や各種変更手数料にも使えます。また、航空券の名義は納税者ではなくても大丈夫です。

ちなみにピーチポイントは日本発の円建て予約にしか使えません。台湾発は台湾ドル建てになるためです。また為替の影響を考えてなのか同じ日の同じ便を台北発で検索すると日本円建てより高い値段設定になっています。

LCCどれくらい前に予約するのがお得なのか?

リンマは7月28日から8月7日までの航空券を5月12日に購入しました。航空券は購入の時期によって値段が大きく変わりますよね。

どれくらい変わるのか、先日ちょうど1ヶ月前になったので、同じ旅程で航空券(諸税抜)の値段を調べてみました!

7月28日ピーチ  羽田ー台北    9680円→14480円(4800円up)

7月29日ジェットスター 台北ーダナン 11160円→16200円 (5040円up)

8月2日ジェットスター ダナンーシンガポール4456円→6761円(2305円up)

8月4日ジェットスター シンガポール台北   7128円→12231円(5103円up)

8月4日スクート シンガポールー成田 23652円→21222円(2430円down)

8月7日ピーチ  台北ー羽田    8480円→11080円(2400円up)

軒並みUP、1ヶ月前でも夏休みはかなり高くなっていますね!

この中で、スクートだけは値下がっています。スクートについては急いで予約しないほうがよかったのかも?シンガポール線は他社便も多く就航している中、バンコクなどを経由するため時間がかかりお得感がないのかもしれませんね。

今回の旅程で購入した航空券の合計(諸税込)は58046円、そのうちピーチポイントで23120円分支払ったので、実質34926円!!安っ

LCCを駆使したアジア周遊格安旅行、お得に行くためには、

・2ヶ月以上前に予約する!

・航空券は現地の通貨建てで為替の影響も加味して最安値を探す!

ふるさと納税でピーチポイントをもらう!

ポイントサイトの「Gポイント」から「ふるさとプレミアム」で泉佐野市に寄付をすると寄付額の2%のポイントがたまります。ANAマイルにも交換できてお得ですよ。

Gポイント

みなさんもぜひ考えてみては?

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』